子供英語 文法は英会話にいい

子供英語で文法を習うと英会話が上手になる!?

子供英語 文法 

 

 

英文法を知らなくても英単語を知っていれば自分の言いたいことは身ぶり手振りでなんとか伝えることができます。

 

子供の頃から英文法だなんて...そんな固いことを言ってたら子供が英語嫌いになるんじゃないかしら?と不安の声も聞こえてきそうですが自分の言いたいことを相手に伝えるためには英文法を学ぶことがとても役に立ちます

 

中学生になると英文法の授業が始まりますが、日本語がしっかり話せるようになる小学生4年生ごろから中学生になる前にぜひ英文法を習う環境を子供さんに作ってあげましょう。

 

親御さんが教えてあげても良いと思います。

 

正しい語順で並んだきれいな英会話で話せるようになる魔法のルールである英文法の単元の「5文型」について今日はお話したいと思います。

 

 

丸暗記した文をきちんと整理して覚えるためにも英文法はとても役に立ちます。

 

7+BILINGUAL【七田式】公式サイトはこちら

九九のように、英語のフレーズを丸暗記。英語が自然と口から出るキッズ英会話教材はこちら

 

5文型とは言葉を並べるときのルール

 

 

日本語と英語とでは話す順序が違います。

 

 

例えば「僕は公園で野球をしました。」を英語で相手に伝えたいとします。
日本語だと「誰が」「いつ、どこで」「何を」「する」という語順で並んでいますね。
英語で表すと 「I played baseball in the park.」となります。

 

語順が「誰が」「する」「何を」「いつ、どこで」に変わりました。

 

では次の文はどうでしょうか?
「お母さんが私にクッキーを作ってくれました。」
日本語では「誰が」「誰に」「何を」「どうする」の語順で並んでいますが英語で表すと
「My mother made me some cookies.」
「誰が」「どうする」「誰に」「何を」という語順になっています。

 

ブロックをイメージしてみてください。
同じ意味を表すのに日本語と英語ではブロックを置く順番が違うのです。

 

もしも時間があるならば英単語カードを作って正しい語順で並べるアクティビティを取り入れるとより楽しく効果的な学習になると思います。

 

 

子供さんと一緒にカード作りを楽しんでみてはいかがでしょうか?
英会話教室や小学校で習った英単語の定着をはかる復習にもなります。

 

言葉の並べ方を学ぶことで単語と手振り身ぶりだけで言いたいことをなんとか伝えるのではなく、きれいな英文法で自分の言いたいことを相手に伝えることができるようになります。
英語は語の並べ方を大きく5つに分けています。

 

第1文型 S V 主語 動詞
第2文型 SVC 主語 動詞 補語
第3文型 SVO 主語 動詞 目的語
第4文型 SVOO 主語 動詞 目的語 目的語
第5文型 SVOC 主語 動詞 目的語 補語

 

 
ほとんどの英文はこの5つのどれかの語順で並んでいます。
すごいですよね!

 

 

覚えた英単語をこのルールにあてはめていくことでどんどん英語で文を作っていくことができるようになります。

 

このルールを学べば自分の言いたいことがもっと相手に伝わりやすくなるのですね。
英文法は英会話にとってとても大切なことです

 

 

次回、5文型について簡単に使える日常英会話の例文を交えながら楽しくお話したいと思います。
まずは親御さんが読んでから子供さんに教えてあげてくださいね。

 

 

小学生向けオンラインアクティブラーニング英会話 - LEARNie(ラーニー)

グループレッスンが受けられるオンライン英会話 無料体験レッスンはこちら

子供のためのオンライン英会話 GLOBAL CROWN

日本にいながら外国人と英語を話すオンライン英会話 まずは無料体験レッスンから

安心のサポート体制、選ばれる理由!子供英会話リップルキッズパーク

外国人と英語を話す抵抗感をなくすオンライン英会話 無料体験レッスンから始めてみる

 

 

 

子供英語で文法を習うと英会話が上手になる!?

英文法を知らなくても英単語を知っていれば自分の言いたいことは身ぶり手振りでなんとか伝えることができます。子供の頃から英文法だなんて...そんな固いことを言ってたら子供が英語嫌いになるんじゃないかしら?と不安の声も聞こえてきそうですが自分の言いたいことを相手に伝えるためには英文法を学ぶことがとても役に...

≫続きを読む

子供英語の文法 5文型を使ってどんどん英会話のフレーズを増やそう!

前回5文型を学ぶことが英会話に役立つという内容についてお話しました。今回は5文型についてもっと詳しくお話したいと思います。英会話で使えるフレーズもたくさん紹介しますのでぜひ家での子供さんとの英会話学習にお役立てください。今回は第1〜第3文型までを扱います。7+BILINGUAL【七田式】公式サイトは...

≫続きを読む

子供英語の文法 第4,5文型を使った英会話フレーズの作り方

前回は第1〜3文型までの説明とそれを用いた英会話のフレーズの紹介をしました。今回は第4、5文型の説明とそれを使ったフレーズの紹介をします。第5文型は少し複雑な話になりますがどうぞ最後までお付きあいください。7+BILINGUAL【七田式】公式サイトはこちら九九のように、英語のフレーズを丸暗記。英語が...

≫続きを読む

子供英語の文法 助動詞を添えて気持ちをもっと伝えよう

can,will,may,mustなどの助動詞を使うともっと幅広い英語の表現ができるようになります。助動詞を動詞の前に置くことで話し手の気持ちを添えることができます。例えば「私は英語を話す。I speak English.」にcanを添えると「私は英語が話せるんだ。I can speak Engli...

≫続きを読む

子供英語の文法 不定詞が表す3つの意味を覚えて英会話の表現の幅を広げよう!

不定詞についての説明と英会話のフレーズの紹介不定詞は英会話の中でもとてもよく使われる表現ですのでしっかり理解して英会話表現の幅を広げましょう。不定詞には3つの意味があります。@〜すること (名詞の働き)A〜するための(名詞を修飾する働き)B〜するために(目的を表す働き)※不定詞は学ぶことが多いので2...

≫続きを読む

日常英会話の中でよく使われる関係代名詞をマスターしよう!

今回は関係代名詞について説明したいと思います。中学生や高校生の時に苦手だった人も多いのではないでしょうか?関係代名詞が出てきてから英語が分からなくなったという人はとても多いです。しかし関係代名詞は日常英会話の中でもよく使われる文法ですのでしっかりと理解を深め子供さんに少しずつ教えてあげましょう。苦手...

≫続きを読む

子供英語の文法 不定詞が表す3つの意味を覚えて英会話の表現の幅を広めようPart...

前回に続き今回は不定詞についての説明と英会話のフレーズの紹介になります。A〜するための(名詞を修飾する働き)B〜するために(目的を表す働き)について学びましょう。7+BILINGUAL【七田式】公式サイトはこちら九九のように、英語のフレーズを丸暗記。英語が自然と口から出るキッズ英会話教材はこちら英文...

≫続きを読む

分詞について学ぼう。現在分詞と過去分詞はイメージでとらえよう!

今回は分詞についてお話します。分詞はplaying,playedなどの形をしています。日常英会話の中でも進行形や受動態を作る時に使われます。分詞にはたくさんの働きがありますがまずはイメージ作りから始めましょう。分詞には形が2つあります現在分詞 Ving 〜している過去分詞 Vp.p 〜された過去分詞...

≫続きを読む

過去と現在をつなぐ現在完了について学ぼう Part 1

今回は英会話を話す上でも重要な現在完了についてお話します。相手に言いたいことを伝えるときいつの出来事なのかを伝えなければなりません。日本語と比較しながら考えてみましょう。英語には4つの時制があります。未来形 現在形 現在完了形 過去形日本語でも未来形 現在形 過去形は話し言葉の時に使いますよね。日本...

≫続きを読む


トップページ おすすめ教材 お役立ち情報 英語の豆知識 文法