子供英語 文法は英会話にいい

子供英語で文法を習うと英会話が上手になる!?

子供英語 文法 

 

英文法を知らなくても英単語を知っていれば自分の言いたいことは身ぶり手振りでなんとか伝えることができます。

 

子供の頃から英文法だなんて...そんな固いことを言ってたら子供が英語嫌いになるんじゃないかしら?と不安の声も聞こえてきそうですが自分の言いたいことを相手に伝えるためには英文法を学ぶことがとても役に立ちます

 

中学生になると英文法の授業が始まりますが、中学生になる前にぜひ英文法を習う環境を子供さんに作ってあげましょう。親御さんが教えてあげても良いと思います。

 

正しい語順で並んだきれいな英会話で話せるようになる魔法のルールである英文法の単元の「5文型」について今日はお話したいと思います。

 

7+BILINGUAL【七田式】公式サイトはこちら

九九のように、英語のフレーズを丸暗記。英語が自然と口から出るキッズ英会話教材はこちら

 

5文型とは言葉を並べるときのルール

 

 

日本語と英語とでは話す順序が違います。

 

例えば「僕は公園で野球をしました。」を英語で相手に伝えたいとします。
日本語だと「誰が」「いつ、どこで」「何を」「する」という語順で並んでいますね。
英語で表すと 「I played baseball in the park.」となります。

 

語順が「誰が」「する」「何を」「いつ、どこで」に変わりました。

 

では次の文はどうでしょうか?
「お母さんが私にクッキーを作ってくれました。」
日本語では「誰が」「誰に」「何を」「どうする」の語順で並んでいますが英語で表すと
「My mother made me some cookies.」
「誰が」「どうする」「誰に」「何を」という語順になっています。

 

ブロックをイメージしてみてください。
同じ意味を表すのに日本語と英語ではブロックを置く順番が違うのです。

 

もしも時間があるならば英単語カードを作って正しい語順で並べるアクティビティを取り入れるとより楽しく効果的な学習になると思います。

 

子供さんと一緒にカード作りを楽しんでみてはいかがでしょうか?
英会話教室や小学校で習った英単語の定着をはかる復習にもなります。

 

言葉の並べ方を学ぶことで単語と手振り身ぶりだけで言いたいことをなんとか伝えるのではなく、きれいな英文法で自分の言いたいことを相手に伝えることができるようになります。
英語は語の並べ方を大きく5つに分けています。

 

第1文型 S V 主語 動詞
第2文型 SVC 主語 動詞 補語
第3文型 SVO 主語 動詞 目的語
第4文型 SVOO 主語 動詞 目的語 目的語
第5文型 SVOC 主語 動詞 目的語 補語

 

ほとんどの英文はこの5つのどれかの語順で並んでいます。
すごいですよね!

 

覚えた英単語をこのルールにあてはめていくことでどんどん英語で文を作っていくことができるようになります。

 

このルールを学べば自分の言いたいことがもっと相手に伝わりやすくなるのですね。
英文法は英会話にとってとても大切なことです

 

次回、5文型について簡単に使える日常英会話の例文を交えながら楽しくお話したいと思います。
まずは親御さんが読んでから子供さんに教えてあげてくださいね。

 

 

子供のためのオンライン英会話 GLOBAL CROWN

日本にいながら外国人と英語を話すオンライン英会話 まずは無料体験レッスンから

安心のサポート体制、選ばれる理由!子供英会話リップルキッズパーク

外国人と英語を話す抵抗感をなくすオンライン英会話 無料体験レッスンから始めてみる


トップページ ちょっとお役立ち情報 文法のお勉強 英語の豆知識 お問い合わせ