子供英語 文法の5文型

子供英語の文法 第4,5文型を使った英会話フレーズの作り方

子供英語 文法 

 

前回は第1〜3文型までの説明とそれを用いた英会話のフレーズの紹介をしました。
今回は第4、5文型の説明とそれを使ったフレーズの紹介をします。

 

第5文型は少し複雑な話になりますがどうぞ最後までお付きあいください。

 

7+BILINGUAL【七田式】公式サイトはこちら

九九のように、英語のフレーズを丸暗記。英語が自然と口から出るキッズ英会話教材はこちら

 

第4文型とは S主語+V動詞+O目的語+O目的語

 

第3文型とは何が違うのでしょうか?
第4文型では目的語が1つ増えていますね。通例、主語+動詞+人+物を表します

 

第4文型をマスターすれば修飾語がなくても長めのフレーズを作ることができますね。

 

例えば「お姉ちゃんがりんごをくれました。My sister gave me an apple. 
ナンシーは生徒たちに英語を教えてくれます。Nancy teaches students English.」のような文を作ることができます。

 

「誰が」「〜する」「誰に」「何を」という順番で並んでいます。第3文型に「誰に」が増えた文が第4文型です。

 

第4文型でよく使われる動詞
teach 人に物を教える
send 人に物を送る
buy 人に物を買ってあげる
show 人に物を見せる など

 

「Please show me your pictures. 写真を見せてください。」という例文はよく使われます。
英単語カードを作って意味が通るように並びかえるアクティビティをぜひ家での学習に取り入れましょう。

 

第5文型とは S主語+V動詞+O目的語+C補語

 

いよいよ最後の第5文型になりました。
第5文型は今までとは違い動詞の意味も変わったりしますので少し難しい話になります。

 

第5文型を使うと次のような文が作れます。
「彼女の歌を聞いたら私は幸せな気持ちになりました。Her song made me happy.
弟はドアを開けたままにします。My brother leaves the door open.」

 

「誰が」「する」「〜を」「〜に」という順番で並んでいます。
ちょっと変だと思った方はいますか?make って作るって意味じゃなかったかしら。

 

第5文型ではmakeが〜にするという意味を持っています。
実は動詞の中には第1〜5文型まで全ての文型で使えるものがあります。
makeを例にあげて説明しますね。

 

第1文型 The ship made for the shore.
船は岸に進みました。

 

第2文型 The boy made a doctor.
少年は医者になりました。

 

第3文型 My grandmother made some cookies.
おばあちゃんがクッキーを何枚か作ってくれました。

 

第4文型 My grandfather made children toys.
おじいちゃんは子供たちにおもちゃを作ってあげました。

 

第5文型 My teacher made me a teacher.
先生のおかげで私は先生になりました。

 

このように使われる文型によって意味が変わるのです。
大学入試対策などで習う知識ですが知っていると楽しいですよね。

 

まとめ

 

いかがでしたか?第5文型まで使って英会話ができるようになるとかなり専門的な言い回しまでできるようになります。

 

しかし第5文型で日常英会話で使うフレーズは「ドアを開けたままにしておいてください。Please keep the door open.」を言えるようになれば十分だと思います。

 

家で子供さんと英会話のフレーズを考えるときは第1〜4文型までを使って考えてみてください。できた英会話のフレーズは必ず声に出して読んでくださいね。

 

家庭で毎日続けることがキッズ英会話にとってもっとも重要なことといえます。
親のやる気で子供が英会話を身近に感じられるかどうか変わってくるのです。

 

迷っている時間はありません。すぐに英会話家庭学習を始めましょう!

 

 

子供のためのオンライン英会話 GLOBAL CROWN

日本にいながら外国人と英語を話すオンライン英会話 まずは無料体験レッスンから

安心のサポート体制、選ばれる理由!子供英会話リップルキッズパーク

外国人と英語を話す抵抗感をなくすオンライン英会話 無料体験レッスンから始めてみる

 

 


トップページ キッズ英会話教材 ちょっとお役立ち情報 文法のお勉強 英語の豆知識 お問い合わせ