子供 英語の文法 分詞

分詞について学ぼう。現在分詞と過去分詞はイメージでとらえよう!

子供 英語 文法 

 

 

今回は分詞についてお話します。分詞はplaying,playedなどの形をしています。

 

日常英会話の中でも進行形や受動態を作る時に使われます。
分詞にはたくさんの働きがありますがまずはイメージ作りから始めましょう。

 

分詞には形が2つあります

 

  • 現在分詞 Ving 〜している
  • 過去分詞 Vp.p 〜された

 

過去分詞Vp.pとは

 

動詞は原形 過去形 過去分詞と三段活用します。
子供さんの様子を見ながら少しずつ教えてあげましょう。

 


eat ate eaten
know knew known
sing sang sung

 

子供さんに教えるときは辞書を用意しましょう。
その時は発音も一緒に教えましょうね。

 

分詞のイメージ

 

現在分詞...自分から外に向かって何かしている活発なイメージ
体の中から外に向かって矢印が出ているイメージです。

 

過去分詞...外から何かを受けている受け身の静かなイメージ
矢印が外側から内側に向かっているイメージです。

 

イメージが頭にできたところでいよいよ分詞の働きについてお話します。

 

 

基本となる現在進行形について

 

  • 分詞の働き@現在進行形を作る分詞

 

〜しているところです
be動詞+現在分子
元気で活発なイメージなので現在分詞を使います。
例えば
私はピアノをひきます。
現在進行形を使うと「私はピアノをひいているところです。」と今ピアノをひいている元気なイメージになります。

 

I play the piano.
I am playing the piano.
過去進行形の作り方は
I was playing the piano.

 

子供さんの詞っている一般動詞を使って進行形の文をいろいろ作ってみましょう!

 

 

  1. 分詞の働きA受動態を作る分詞

 

受動態〜される

 

うさきがリンゴを食べた。
リンゴはうさぎに食べられた。 

 

受動態とは「〜される」を表現したい時にbe動詞+過去分詞を使って表します。

 

The rabbit ate the apple.
The apple was eaten by the rabbit.
となります。〜によってはbyを使います。

 

こちらも子供さんの知っている一般動詞を使い受動態の文をいろいろ作ってみましょう。

 

 

  • 分詞の働きB名詞を修飾する分詞

 

関係代名詞の単元で人や物、動物に追加説明をする関係代名詞についてのお話をしました。今回は関係代名詞と同じように人や物、動物などに説明を加える分詞について説明します。

 

名詞を前から修飾する分詞
名詞を後ろから修飾する分詞

 

歌っている女の子 
the singing girl
教室で歌っている女の子
the girl singing in the classroom
〜している元気なイメージなので現在分詞を使います

 

分詞の置場所は1語なら名詞の前に、2語以上なら名詞の後ろに置きます。

 

 

では次の文はどう表現するのでしょうか?
壊された花瓶
ネコによって壊された過敏

 

〜された 受け身のイメージですので過去分詞を使います。
the broken vase
the vase broken by the cat

 

となります。分詞の置き方はさきほどと同じで語数により置き場合が違います。
分詞を使って名詞を修飾する練習をしましょう。

 

 

いかがでしたか?

 

実は分詞にはこの働き以外にもSVOCの文型で使われる用法もあります。
分詞はC補語の働きになります。

 

私は彼女が走っているのを見た。
I saw her running.

 

私は花瓶がトムに割られるのを見た。
I saw the vase broken by Tom.

 

などの英文が作れます。

 

上の文にはShe is running.
下の文にはThe vase was broken by Tom.

 

という文が隠れています。

 

この文法は複雑すぎるのでここまでは子供さんには教えなくてもよいのかなと思います。
家での学習は進行形と受動態の作り方に重点を置きましょう。

 

 

7+BILINGUAL【七田式】公式サイトはこちら

九九のように、英語のフレーズを丸暗記。英語が自然と口から出るキッズ英会話教材

 

 

 

 

子供英語で文法を習うと英会話が上手になる!?

英文法を知らなくても英単語を知っていれば自分の言いたいことは身ぶり手振りでなんとか伝えることができます。子供の頃から英文法だなんて...そんな固いことを言ってたら子供が英語嫌いになるんじゃないかしら?と不安の声も聞こえてきそうですが自分の言いたいことを相手に伝えるためには英文法を学ぶことがとても役に...

≫続きを読む

子供英語の文法 5文型を使ってどんどん英会話のフレーズを増やそう!

前回5文型を学ぶことが英会話に役立つという内容についてお話しました。今回は5文型についてもっと詳しくお話したいと思います。英会話で使えるフレーズもたくさん紹介しますのでぜひ家での子供さんとの英会話学習にお役立てください。今回は第1〜第3文型までを扱います。7+BILINGUAL【七田式】公式サイトは...

≫続きを読む

子供英語の文法 第4,5文型を使った英会話フレーズの作り方

前回は第1〜3文型までの説明とそれを用いた英会話のフレーズの紹介をしました。今回は第4、5文型の説明とそれを使ったフレーズの紹介をします。第5文型は少し複雑な話になりますがどうぞ最後までお付きあいください。7+BILINGUAL【七田式】公式サイトはこちら九九のように、英語のフレーズを丸暗記。英語が...

≫続きを読む

子供英語の文法 助動詞を添えて気持ちをもっと伝えよう

can,will,may,mustなどの助動詞を使うともっと幅広い英語の表現ができるようになります。助動詞を動詞の前に置くことで話し手の気持ちを添えることができます。例えば「私は英語を話す。I speak English.」にcanを添えると「私は英語が話せるんだ。I can speak Engli...

≫続きを読む

子供英語の文法 不定詞が表す3つの意味を覚えて英会話の表現の幅を広げよう!

不定詞についての説明と英会話のフレーズの紹介不定詞は英会話の中でもとてもよく使われる表現ですのでしっかり理解して英会話表現の幅を広げましょう。不定詞には3つの意味があります。@〜すること (名詞の働き)A〜するための(名詞を修飾する働き)B〜するために(目的を表す働き)※不定詞は学ぶことが多いので2...

≫続きを読む

日常英会話の中でよく使われる関係代名詞をマスターしよう!

今回は関係代名詞について説明したいと思います。中学生や高校生の時に苦手だった人も多いのではないでしょうか?関係代名詞が出てきてから英語が分からなくなったという人はとても多いです。しかし関係代名詞は日常英会話の中でもよく使われる文法ですのでしっかりと理解を深め子供さんに少しずつ教えてあげましょう。苦手...

≫続きを読む

子供英語の文法 不定詞が表す3つの意味を覚えて英会話の表現の幅を広めようPart...

前回に続き今回は不定詞についての説明と英会話のフレーズの紹介になります。A〜するための(名詞を修飾する働き)B〜するために(目的を表す働き)について学びましょう。7+BILINGUAL【七田式】公式サイトはこちら九九のように、英語のフレーズを丸暗記。英語が自然と口から出るキッズ英会話教材はこちら英文...

≫続きを読む

分詞について学ぼう。現在分詞と過去分詞はイメージでとらえよう!

今回は分詞についてお話します。分詞はplaying,playedなどの形をしています。日常英会話の中でも進行形や受動態を作る時に使われます。分詞にはたくさんの働きがありますがまずはイメージ作りから始めましょう。分詞には形が2つあります現在分詞 Ving 〜している過去分詞 Vp.p 〜された過去分詞...

≫続きを読む

過去と現在をつなぐ現在完了について学ぼう Part 1

今回は英会話を話す上でも重要な現在完了についてお話します。相手に言いたいことを伝えるときいつの出来事なのかを伝えなければなりません。日本語と比較しながら考えてみましょう。英語には4つの時制があります。未来形 現在形 現在完了形 過去形日本語でも未来形 現在形 過去形は話し言葉の時に使いますよね。日本...

≫続きを読む

過去と現在をつなぐ現在完了について学ぼう Part 2

今回は英会話を話す上でも重要な現在完了形について前回扱えなかった部分の説明をします。前回の記事はこちら=>【前回の復習】現在完了形...have(has)+過去分詞過去のある出来事が今に何らかの影響を与え今も続いていることを表す。現在完了の3つの用法継続 ずっと〜している経験 〜したことがある...

≫続きを読む


トップページ おすすめ教材 お役立ち情報 英語の豆知識 文法