子供 英語の文法 現在完了

過去と現在をつなぐ現在完了について学ぼう Part 1

子供 英語 文法 現在完了 

 

 

今回は英会話を話す上でも重要な現在完了形について前回扱えなかった部分の説明をします。
前回の記事はこちら=>

 

【前回の復習】

 

現在完了形...have(has)+過去分詞
過去のある出来事が今に何らかの影響を与え今も続いていることを表す。

 

現在完了の3つの用法

 

  1. 継続 ずっと〜している
  2. 経験 〜したことがある
  3. 完了、結果 〜してしまった

 

今回はABの説明と日常英会話の中でどのような表現が使われているのかについて紹介したいと思います。

 

A経験用法について

 

 経験用法は「今までに何回〜したことがある」と伝えたい時に使います。過去から今までの経験について話したい時に使います。例えば「その芸能人に2回もあったことがあるんだ」を現在完了を使って表現することができます。 I have met the entertaner twice. 経験用法の疑問文では回数を聞く「How many times 何回 / How often どれくらいしはしば」と使われることが多いです。 例えば

 

How many times have you met the entertaner?今までに何回その芸能人に会ったことがありますか?
との疑問文を作ることができます。

 

日常英会話の中でもよく使われる表現です。
子供さんも話せるようにしたい会話表現です。

 

B完了、結果用法

 

いよいよ現在完了最後の用法になります。

 

過去のある出来事が今に何らかの影響を与えていて今も何らかの影響を受けている様子を伝えたい時に使われる表現です。次の2つの文を比べてみましょう。

 

I ate lunch. 私はランチを食べました。
I have eaten lunch.私はランチを食べ終わったところです。

 

日本語にするとどちらも同じように思えますが、過去形と現在完了を使った文では伝えたいことが違います。

 

過去形を使った文は単なる食べたという過去の事実を述べるだけで、だから今どうなのかということは一切触れていません。

 

一方現在完了を使うと

 

「食べ終わったよ、だから出掛ける準備ができています。」
「食べ終わったよ、今ちょっとお腹がいたいんだ。」

 

のように食べたということで今どんな状態にあるのかを伝えたい時に使います。

 

日常英会話の中でよく使われる表現

 

宿題を終えたところです。
I have finished my homework.

 

私たちは以前アメリカに行ったことがあります。
We have been to America before.

 

※have been to は「〜に行ったことがある」と過去の経験を表す表現です。
会話表現になるのでそのまま覚えるようにしてください。

 

いかがでしたか?

 

今回で現在完了の話は終わりになります。
日常英会話の中でもとてもよく出てくる表現ですので基本例文がしっかり定着するように子供さんの学習進度に合わせて現在完了の勉強を取り入れてください。

 

 

正しい英語を話すには英文法はとても大切です。
そしてもう一つ大切なのが子供の英語耳を育てることなのです。

 

子供が英語を話せるようになるかは家庭での英語環境が重要なポイントです。
家庭で英語環境を作るなら研究された英語教材を使っていつも英語が身近にある環境を作ってあげて下さい。

 

そのためのおすすめ教材はこちらの7+BIKINGALです。
公式サイトの犬の話はかなり納得です。ぜひお読みください。

 

7+BILINGUAL【七田式】公式サイトはこちら

九九のように、英語のフレーズを丸暗記。英語が自然と口から出るキッズ英会話教材

 

 

 

 

 

子供英語で文法を習うと英会話が上手になる!?

英文法を知らなくても英単語を知っていれば自分の言いたいことは身ぶり手振りでなんとか伝えることができます。子供の頃から英文法だなんて...そんな固いことを言ってたら子供が英語嫌いになるんじゃないかしら?と不安の声も聞こえてきそうですが自分の言いたいことを相手に伝えるためには英文法を学ぶことがとても役に...

≫続きを読む

子供英語の文法 5文型を使ってどんどん英会話のフレーズを増やそう!

前回5文型を学ぶことが英会話に役立つという内容についてお話しました。今回は5文型についてもっと詳しくお話したいと思います。英会話で使えるフレーズもたくさん紹介しますのでぜひ家での子供さんとの英会話学習にお役立てください。今回は第1〜第3文型までを扱います。7+BILINGUAL【七田式】公式サイトは...

≫続きを読む

子供英語の文法 第4,5文型を使った英会話フレーズの作り方

前回は第1〜3文型までの説明とそれを用いた英会話のフレーズの紹介をしました。今回は第4、5文型の説明とそれを使ったフレーズの紹介をします。第5文型は少し複雑な話になりますがどうぞ最後までお付きあいください。7+BILINGUAL【七田式】公式サイトはこちら九九のように、英語のフレーズを丸暗記。英語が...

≫続きを読む

子供英語の文法 助動詞を添えて気持ちをもっと伝えよう

can,will,may,mustなどの助動詞を使うともっと幅広い英語の表現ができるようになります。助動詞を動詞の前に置くことで話し手の気持ちを添えることができます。例えば「私は英語を話す。I speak English.」にcanを添えると「私は英語が話せるんだ。I can speak Engli...

≫続きを読む

子供英語の文法 不定詞が表す3つの意味を覚えて英会話の表現の幅を広げよう!

不定詞についての説明と英会話のフレーズの紹介不定詞は英会話の中でもとてもよく使われる表現ですのでしっかり理解して英会話表現の幅を広げましょう。不定詞には3つの意味があります。@〜すること (名詞の働き)A〜するための(名詞を修飾する働き)B〜するために(目的を表す働き)※不定詞は学ぶことが多いので2...

≫続きを読む

日常英会話の中でよく使われる関係代名詞をマスターしよう!

今回は関係代名詞について説明したいと思います。中学生や高校生の時に苦手だった人も多いのではないでしょうか?関係代名詞が出てきてから英語が分からなくなったという人はとても多いです。しかし関係代名詞は日常英会話の中でもよく使われる文法ですのでしっかりと理解を深め子供さんに少しずつ教えてあげましょう。苦手...

≫続きを読む

子供英語の文法 不定詞が表す3つの意味を覚えて英会話の表現の幅を広めようPart...

前回に続き今回は不定詞についての説明と英会話のフレーズの紹介になります。A〜するための(名詞を修飾する働き)B〜するために(目的を表す働き)について学びましょう。7+BILINGUAL【七田式】公式サイトはこちら九九のように、英語のフレーズを丸暗記。英語が自然と口から出るキッズ英会話教材はこちら英文...

≫続きを読む

分詞について学ぼう。現在分詞と過去分詞はイメージでとらえよう!

今回は分詞についてお話します。分詞はplaying,playedなどの形をしています。日常英会話の中でも進行形や受動態を作る時に使われます。分詞にはたくさんの働きがありますがまずはイメージ作りから始めましょう。分詞には形が2つあります現在分詞 Ving 〜している過去分詞 Vp.p 〜された過去分詞...

≫続きを読む

過去と現在をつなぐ現在完了について学ぼう Part 1

今回は英会話を話す上でも重要な現在完了についてお話します。相手に言いたいことを伝えるときいつの出来事なのかを伝えなければなりません。日本語と比較しながら考えてみましょう。英語には4つの時制があります。未来形 現在形 現在完了形 過去形日本語でも未来形 現在形 過去形は話し言葉の時に使いますよね。日本...

≫続きを読む

過去と現在をつなぐ現在完了について学ぼう Part 2

今回は英会話を話す上でも重要な現在完了形について前回扱えなかった部分の説明をします。前回の記事はこちら=>【前回の復習】現在完了形...have(has)+過去分詞過去のある出来事が今に何らかの影響を与え今も続いていることを表す。現在完了の3つの用法継続 ずっと〜している経験 〜したことがある...

≫続きを読む


トップページ おすすめ教材 お役立ち情報 英語の豆知識 文法