キッズ英会話 教材 お役立ち情報

キッズ英会話、教材を使って文法の学習はいつから始める?

 

キッズ英会話の教材 

 

 

日本の小学校でも英語が必修化されましたが、小学生になってからでも英会話を始めるのは遅くありません。

 

なぜ小学校から必修化されるのかと言えば、語学は早い時期に学んだ方が身につくからです。

 

7+BILINGUAL【七田式】公式サイトはこちら

九九のように、英語のフレーズを丸暗記。英語が自然と口から出るキッズ英会話教材はこちら

 

 

日本人は英語を読めるけど話せない人が多いと言われます。その原因は、教材を使った文字や文法を中心とした英語教育にあるのです。

 

音声を中心とした英語教育が先行して、文字や文法の教育がその後に来れば、読めるのに話せないという問題は起きません。

 

しかし、音声中心の英語教育をするのは、難しいものです。英語の発音は日本語のカタカナで表記できないからです。
英語の音は、音として耳で覚える他はないのです。

 

 

そのためには、正確な発音を身につけた英語教師や英語教材が必要です。
現在ではたくさんのネイティブ外国人の英語の教師が日本にいるので、この点では問題はありません。

 

 

キッズ英会話、教材を使って文法の学習はいつから始める?

 

 

問題は英語の音を聞き始める年齢です。

 

 

 

一旦日本語の発音を身につけてしまってからでは、どうしても英語の音をカタカナで捉えるクセがついてしまいます。英語の音をリアルに認知するには、日本語の文字を覚える前がよいのです。そうすれば、英語の単語にカタカナでフリガナを付けることがなくなりますし、英語の発音はカタカナでは書けないという認識も生まれるのです。

 

 

したがって正しい発音の英会話は日本語の文字を覚える前に身につけるのが望ましいと言えます。文法は中学校からでも遅くはありません。

 

キッズ英会話をスタートさせるのはいつからでもかまいませんが、幼児の頃から常に英語の音を聞かせる環境を作りましょう。これはお母さんの好きな英語の音楽でも映画を英語で観るのでもいいと思います。

 

 

英会話教材にはネイティブが話すCDも付いています。それをお母さんと一緒に聞くだけでも英語の音が入ってきます。

 

 

とにかく赤ちゃんの時期から英語が自然に耳に入るよう工夫してあげましょう。

 

 

子供のためのオンライン英会話 GLOBAL CROWN

日本にいながら外国人と英語を話すオンライン英会話 まずは無料体験レッスンから

 

安心のサポート体制、選ばれる理由!子供英会話リップルキッズパーク

外国人と英語を話す抵抗感をなくすオンライン英会話 無料体験レッスンから始めてみる

 

 

 


トップページ おすすめ教材 お役立ち情報 英語の豆知識 文法